相手の趣味を考えたトロフィー選び

トロフィーというのは何かの競技で優勝した時や1位になった時にもらうものです。正式な大会などでなければ、トロフィーはこうでなければいけないという決まった形などはないことも多いので、自分の好きな形にしてみても良いものです。ですが、一般的にゴールドの色のものが多いので、形などは自由にしても色はゴールドにしても良いです。オリジナルのものにするにもいまいちイメージが沸かないのであれば従来のものを目安にして作ってみても良いでしょう。高さや幅なども参考にするものがないと一からは自分で作れないものなので、参考にできそうなものを見つけてみましょう。どういった素材でいくつ作るのか、どれくらいの大きさなのか、といったことでもトロフィーの値段というのは違ってくるでしょう。

子供用なら子供が喜ぶデザインに

子供が出場する大会などであれば、子供がもらって喜ぶようなキャラクターのデザインなどにするのも良いでしょう。大人がもらうようなデザインにしても子供は喜ばないようなこともあるので、子供目線のものを選ぶようにもすると良いです。ですがキャラクターのものを使用するような時は著作権に引っかからないようにしなければいけないので、オリジナルのキャラクターを使うようにもすると良いです。オリジナルのものであれば問題なく使えるでしょう。また、メインの部分ではなく土台の部分にもこだわりを出せば高級感を出すこともできるので良いでしょう。いつ獲得したものかという日付を入れることができればとても記念になりますし、飾っておいても来客があった時に説明しやすいので良いでしょう。

まずは見積もりをとってもらうと良い

制作してもらうのに気になるのが費用です。かかる費用が少なければ当初予定していた数よりも多く作ることもできますし、もっと見栄え良く作るということもできるでしょう。また、費用が余るのであれば、余った予算をまた別のところに回すことというのもできるものです。ですからまずは大体の予想で見積もりをとってもらうと良いです。見積もりを取ってもらうことによって基本にどれだけのお金がかかるのかということも知ることができるものです。どの部分にどれくらいのお金がかかるのか、という詳細を知ることで削る部分と足す部分の調整というのもできるものです。洋服などと違い普段購入するものではないのでサイズ、大きさなども分からないので、まずは一般的な既製品をもとにして依頼してみると良いでしょう。